ダイアライザー処理装置

1 装置の機能
 (1) 装置の目的
    この装置は、使用済みダイアライザー(人工腎臓)をリサイクルするための装置です。
   リサイクルには原料リサイクル、マテリアルリサイクル、エネルギーリサイクルの三つがありますが、
   このうち使用済みダイアライザーはエネルギーリサイクルに供されます。
 (2) リサイクルの方法
    ダイアライザーは血液を濾過するためのホローファイバー部(中空糸ともいう)と
   それを被っているケーシング部によって構成していますが、ホローファイバー部は
   材質が酢酸セルロースのためエネルギーリサイクルには向きません。
 (3) 装置の機能
    そこでエネルギーリサイクルに供されるケーシング部だけを回収する必要があるのです。
   ケーシング部を回収するにはケーシング部の一部を切断してケーシング内部にある
   ホローファイバーを取り除く方法が採られます。
 (4) 装置の特徴
   本装置には次のような特徴があります。
    ① 使用済みダイアライザーは感染性廃棄物に分類されるため装置全体をカバーで囲い、
    かつ、陰圧状態で運転する
      ② 陰圧状態を発生するための除菌用送風機の排気口には、病原菌レベルまで濾過可能な
    高性能HEPAフィルターを設置し、万一にも細菌が漏洩しない構造としている
  ③ ダイアライザーを処理する動作はすべて自動運転としている
  ④ 装置全体を高剛性・高耐久性設計とし易メンテナンス性並びにメンテナンスフリーとしている

2 装置の仕様

 

NO.

項目

内容

備考

1

処理対象物

人工透析用ダイアライザー

 

2

処理可能範囲

長さ

200350mm

 

直径

ヘッド最大径φ80

3

処理方法

酢酸セルロース製         中空糸膜の除去

 

4

処理タクトタイム

約20秒/

 

5

8時間能力

1440本程度

 

6

装置外径寸法

3450L × 1400W ×1450H

 

7

概算重量

1000kg

 

8

電源

AC200V×50/60Hz

 

9

容量

7KVA